オゾンセラピー

100ppmオゾンジェルによる殺菌効果

ニキビの原因菌などをオゾン除菌効果グラフ

ニキビの原因菌の殺菌効果
ニキビや炎症の原因である黄色ブドウ球菌S.aureusを初め、カビの一種であるあるカンジタC.albicansなどにも短時間で殺菌効果を示しました。
また、B.subtilisは善玉菌とも言われており、これを殺菌しないことは、このオゾン濃度が強すぎないことを表しています。

(オゾン使用前とオゾン使用後の寒天培地の培養検査の写真)

※オゾンの殺菌メカニズムは、耐性菌をつくりにくいというメリットが一般的に認識されています。
※オゾンは薬物ではありませんが、食品添加物としても認可されています。
※オゾンは、自然に分解して残留しませんので環境に対しても負荷がありません。

弱った免疫や細胞の機能をオゾンの力で  高める事ができるオゾンセラピーとは?

弱った免疫や細胞の機能をオゾンの力で  高める事ができるオゾンセラピーとは?

弱った免疫や細胞の機能をオゾンの力で高める事ができるオゾンセラピーとは?

20世紀の初めからドイツ、イタリア、フランスなどのヨーロッパで、オゾンが免疫細胞を活性化し、血液をきれいにするという評価が定着しています。
オゾンガスを血液に反応させるオゾンセラピーは1915年に始まり、1998年の時点では、世界の17カ国とアメリカの10州でオゾンセラピーが行われています。
ドイツでは既に1200万以上の治療例があります。
ガン・糖尿病・皮膚疾患などの治療に幅広く利用され、合わせて、究極の老化予防 アンチエイジング として行われています。
免疫機能の活性化血液の酸素代謝の活性化、そして様々な細胞へ酸素供給を増やすことで、細胞が本来の機能を取り戻す効果があります。
つまり、血液や細胞からキレイになるのです。

血液中の赤血球や免疫担当細胞などを活性化する。
  • 動脈循環不全
  • 感染症 ・免疫不全が背景にあって起こる疾患(相補的治療)
  • 慢性疲労症状群 肩こり 眼精疲労 リウマチなど
  • 糖尿病によるレイノ症

どうすれば、免疫や細胞の機能を高めることができるのでしょうか?

どうすれば、免疫や細胞の機能を高めることができるのでしょうか?
20代をピークに老化が進んでいく
赤ちゃんの約3人に1人がアトピー
16歳未満の3人に1人が花粉症という事実
『どうすれば、免疫や細胞の機能を高めることができるのでしょうか?』
その答えは、究極のアンチエイジングと言われているオゾンセラピーです。
オゾン療法

オゾンのことなら当社におまかせ下さい!  ↓クリックして問合せフォーム↓

コンテンツ配信