プール

ベビースイミングスクールでのオゾン殺菌で遊離残留塩素濃度を最低限に抑える

スイミングプール(特にベビースイミング)など、塩素濃度が高いと、肌への刺激がきつくなり、 子供たちは楽しくスイミングすることができません。
また大腸菌などの感染リスクの問題からも施設側は、塩素濃度が高くなる傾向があります。
 
そこで、オゾン殺菌を導入することで
殺菌力のアップとプールの透明度の改善、
塩素の使用量を最低限にすることが可能になります。
アトピー肌などのトラブル肌や敏感肌のお子様などは
オゾン殺菌を導入しているスイミングプールを探して通いにいきます。
下記のサイト引用先をご参照ください。

http://www.spa-wellness.co.jp/newly/2009/10/news-2.php

オゾンのことなら当社におまかせ下さい!  ↓クリックして問合せフォーム↓

コンテンツ配信