【 厨房 】 関西学生食堂のサラダバー(カット野菜)は、オゾン水で殺菌しています!

大学の学生食堂にオゾン水生成器を導入

オゾン水製造装置が導入されたポイントは、
  • 大学の学生食堂の仕込みのピークの時間でも、大容量のオゾン水が安定して供給できること
  • 最大25L/分のオゾン水を分岐することで、
    カット野菜の器械、魚の下処理、野菜の下処理、肉の解凍と切断の4ヶ所にオゾン水専用蛇口を設置
  • PSA(酸素圧縮装置)を標準で内蔵しているので、
    空気原料(酸素ボンベは必要なし)でありながら高濃度オゾン水の生成が可能
  • 内部のフロースイッチにより、蛇口をひねれば自動的にオゾン水が供給される
  • 消耗品がほとんどないためランニングコストが安い
オゾン水洗浄が、従来の次亜塩素酸ナトリウム(次亜塩素酸ソーダ)などの殺菌方法よりも優れているポイント
  • どちらも食品添加物として可能だが、オゾン水は残留性がないため食品へのダメージがない
  • オゾン水は、塩素臭などのニオイも残らない
  • カット野菜や鮮魚、生鮮食品などの除菌と鮮度保持が可能
  • 食材の味見の変化がオゾン水はない。(次亜ソは、残留すると味の変化あり)
  • トリハロメタンを生成しない
  • 手肌にも刺激がない(手荒れしない)
  • ヌメリ除去、カビ防止、脱臭効果
  • すすぎ工程が必要でない(すすぎ水のコスト削減)
  • 廃水の自然への負荷が全くない(すぐに分解される)

以上のようなことを考慮すると機器導入イニシャルコストは掛かるが

最近の健康志向の食品の流れや食物アレルギーなど、食品の安全衛生の要求に答えるために
オゾン水生成器の採用にいたりました。

オゾン導入事例
オゾンが活躍できる分野の事例です。
オゾンアソシアが導入した事例のご紹介: 

関西大学学生食堂の下処理厨房HACCAP

オゾンのことなら当社におまかせ下さい!  ↓クリックして問合せフォーム↓

お問合せ

オゾンアソシア株式会社
大阪本社:大阪市阿倍野区王子町1-4-28-5F
東京本部:東京都世田谷区成城3-9-2-203
オゾンアソシア楽天市場支店 全国販売中!