悪臭苦情の事例

昭和47年をピークに悪臭に関する苦情は減少傾向にありましたが、
近年急激に増加しました。

一因としましては
野焼き(野外施設)
焼却炉
産業廃棄物の処理のニオイ
汚泥処理施設

苦情が急激に増加したのは、国民がダイオキシン汚染に対して
非常に過敏になったこととこれまでよりもよりニオイに対して敏感になっていることが考えられます。

食品工場
工場
焦げ臭
畜産動物臭
ゴミ臭
汚水臭
食品調理臭
クリーニング溶液臭など