悪臭とは

不快なにおいの総称。典型7公害の一つ。
統計によると、悪臭は公害苦情件数が常に騒音に次いで多い生活公害である。 
(環境アセスメント用語集より引用)

悪臭(あくしゅう、en:offensive odor)とは、ヒトに知覚できる臭気のうち不快なものを指す。
公害対策基本法で規定された典型七公害のひとつであるが、「不快」の定義及び数値化が困難で騒音以上に個人差が大きい感覚公害である。
このこともあり、法令による規制対象としての悪臭は、日常生活でいうのとは幾分異なるものとなっている。
( フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)より引用)
 

ヒトの嗅覚は五感のうちでも特に鋭敏であり、本能的、原始的な感覚とされ、未解明の領域も多い。
腐敗した有機物の発する物質を悪臭と感じるのは、進化の過程で死臭による危険の察知や、食物の状態を判断するため発達したものと考えられている。

臭気として知覚できる物質は数十万種はあるといわれ、日常的に「~のにおい」と表されるものでも、その構成物質は数百に及ぶとみられる。
例えばコーヒーの香り成分からは500種の物質が数えられている。
また、ヒトが何らかの臭気を感じた時、それを不快に感じるかどうかは非常に幅が広く、様々な要素が影響することが知られている。

臭気の強さや構成:香水や果物などのにおいは、強すぎると悪臭になることが知られている
他の感覚との補完:魚の生臭さは通常不快だが、市場の映像を見せながらだと臨場感を高める効果となる(バーチャルリアリティ)
体調や状況:いわゆる「気になる」「気にならない」で、時刻や頻度、感じているストレスの大きさなど、身体的・心理的状態により感覚が左右される
習慣や価値観:多くの文化が悪臭を放つ発酵食品などを利用しているように、有益なものの特徴に過ぎないことを知っていれば、不快感は大きく低減され、さらには好意的に受け止められもする(例えばブルーチーズや納豆など)
嗅覚疲労、順応:同じ悪臭に曝露され続けるとやがて感じなくなり、これが長期間続くといったん無臭状態を経由しても感じにくくなる
このため、悪臭を定性的・定量的にあらわすことは非常に困難であり、評価から人間の主観を排することができない。 この問題の解決手段として期待されている臭気センサーの開発は、五感を代替するセンサーのなかでは最も遅れている。これまでに半導体や薄膜、細胞などを利用したものが考案され、製品も市販されているものの、ヒトの嗅覚、特に嗅ぎ分けには追いついておらず、用途は限られている。
 

ウィキペディア引用元 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E8%87%AD