ベビースイミングスクールでのオゾン殺菌で遊離残留塩素濃度を最低限に抑える

スイミングプール(特にベビースイミング)など、塩素濃度が高いと、肌への刺激がきつくなり、 子供たちは楽しくスイミングすることができません。
また大腸菌などの感染リスクの問題からも施設側は、塩素濃度が高くなる傾向があります。
 
そこで、オゾン殺菌を導入することで
殺菌力のアップとプールの透明度の改善、
塩素の使用量を最低限にすることが可能になります。
アトピー肌などのトラブル肌や敏感肌のお子様などは
オゾン殺菌を導入しているスイミングプールを探して通いにいきます。
下記のサイト引用先をご参照ください。

http://www.spa-wellness.co.jp/newly/2009/10/news-2.php
プールの水をオゾン殺菌
ベビースイミングを選ぶ際、何を基準選ぶのが良いか ベビー(6ヶ月~3歳以下)をプールに入水させる場合の注意点がいくつかあります
◎水質◎
・水質管理が行き届いているかどうか。
・透明度が高い事。
・大腸菌や細菌が無い事。
※水中においての残留塩素・P・Hは法定によって定められています。
◎遊離残留塩素濃度0・4mg/l以上、1・0mg/l以下
◎水素イオン濃度 (ph)5・8~8・6
ここが他と違うスパ ウェルネスの良い所 当クラブでは、プールの水をオゾン殺菌しております。
オゾン殺菌する事で塩素の使用量を最低限に保つ事ができます。
約2時間毎に水質(遊離残留塩素/P・H/室温/水温)をチェック・管理し、一定の水質を常に保っており、
その為、目や体に優しく、皮膚の弱い方にも安心してご利用いただけます。
当クラブの残留塩素 0・4mg/l