オゾンについての基礎知識

オゾンについての基礎知識

オゾンについての説明
オゾン(Ozone)の語源はギリシア語の「臭う」(Ozo,Ozein)という言葉で、
自然界に存在する有臭無色の気体 O3 (分子量48)

オゾンは酸素原子O 3個からなる酸素の同素体であり、極めて不安定な物質である。

分解後、酸素O2に戻り、環境負荷がない

オゾンは、太古から地球上自然環境にも存在しています。

雷の放電や地球に到達した紫外線の波長により形成されます。
太陽からの242nm以下の波長の紫外線を吸収して光解離した酸素原子と酸素分子が結合してオゾンとなる。
オゾン層とは、地球の待機中でオゾン濃度が高い部分のこと
地上から約10~50KMほどの成層圏に多く存在し、地上20~25KMの高さが最も密度が高くなる。( オゾン濃度10~20ppm )

このオゾン層は、320nm以下の紫外線を吸収し、酸素分子と酸素原子に分解するという反応も同時に進行する。
このオゾンの働きにおかげで地上への紫外線の到着を妨げている。
地上でも、ごく微量に存在し、大気を自浄する働きを有しています。
地上のオゾン濃度は、
自然界の日中で、0.01~0.03ppm
日差しの強い海岸や森林で、0.04~0.06ppm

オゾンのメリット・デメリットを理解して有効に利用する方法を次に説明します。

オゾンの5つの効果

  1. 殺菌 除菌
  2. 脱臭 消臭
  3. 脱色
  4. 生物活性
  5. 有機物の酸化分解

オゾンの3つの形態

  1. オゾンガス
  2. オゾン水
  3. オゾン氷

オゾン利用の主な歴史

  • 1840年 SchÖnbein オゾンを発見
  • 1857年 Siemens 無声放電式オゾン発生管考案
  • 1873年 Fox オゾンの殺菌作用を発見
  • 1881年 Hartly オゾン層の存在示唆
  • 1906年 フランスにて浄水場のオゾン処理稼動
  • 1915年 Wolf オゾンセラピーを開始
  • 1973年 日本にて浄水場のオゾン処理稼動(尼崎市)
  • 1992年 沖縄県北谷・東京都金町浄水場オゾン処理
  • 1995年 厚生省 オゾン水手洗い機を医療用具認可
  • 1996年 厚生省 オゾン殺菌機を医療用具認可
  • 2001年 FDA オゾンの食品利用正式認可
  • 現在、地球環境に適した手段であり、ヨーロッパでは盛んに利用されている。
    オゾンは、食品添加物としても認可されています。
    (また食品にまったく残留しませんので、成分表示は必要ありません。)

※一部引用先 Wikipedhia